がんを告知された方へ

現状を把握して今後の治療方針を決める

349A9841
当クリニックでは、免疫療法を中心としたがん治療を行っています。この治療法は、正常な細胞にダメージを与えず、副作用もほとんどないため、がん治療の新たな選択肢として期待が高まっています。現在受けている抗がん剤治療や放射線治療などと組み合わせて受けることで、より高い治療効果が期待されます。

がんに限らず、すべての病気の治療において、まずは医師と患者さまとの信頼関係がなければ良い結果は期待できません。当クリニックでは、患者さまやご家族とじっくりお話をした上で、その方に合った治療計画をご提案します。安心してご納得の上で、治療を受けていただくことができます。

今受けている治療に不安をお持ちの方、治療効果が得られずに疑問を感じている方、副作用の少ない治療法をお探しの方は、是非一度ご相談ください。当クリニックでは、闘病生活に役立つ多くの情報を提供してまいります。どうぞ、ご活用ください。

がん告知を受けた時に慌てないために

about02がんの告知を受けた方から、「頭の中が真っ白になり何も考えられなかった」という声をよく聞きます。生死を左右する重大な問題なだけに、慌ててしまうのも無理がありません。

告知時において大切なことは、”医師の言葉を冷静に受け止め、病状をできるだけきちんと把握した上で、提示される治療方針に耳を傾けること”です。

医師の話を落ち着いて聞き、不安なことや疑問があれば、積極的に質問しましょう。医師の説明が難しければ、理解できるまで、何度でも説明を求めてください。これからがんとの長い戦いが始まるのですから、遠慮は禁物です。患者さまご自身がご納得できる治療法を選択していただきたいと思います。

新しいがん治療法=標準治療+免疫療法

about03a1免疫療法は、本来人間の体にある”がん”に対する自然治癒力を高めて、がん細胞を攻撃する治療です。抗がん剤治療や放射線治療などと組み合わせることで治療効果をより高く発揮することが期待できます。

患者さまの状況を見極めた上で、標準治療と免疫療法のそれぞれの利点を理解し、適切にバランス良く組み合わせて治療を進めます。

詳しくはこちら

初期治療後は、がんの再発、転移を予防する

about04外科手術では目に見えるがん組織を取り除きます。しかし、目に見えないがん細胞までは取り除くことができません。もし体内にがん細胞が残っていると、”がん”が再び成長したり、がん細胞の一部が血液やリンパ液と一緒に全身に流れていきます。肺、肝臓や骨などの他の他臓器にたどり着いたがん細胞は、そこで周囲に遠慮なく増殖を始めます。これが再発・転移の仕組みです。

詳しくはこちら

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオン時に、まず患者さまの病状をできる限り正確に把握した上で、がん免疫学の視点から期待される効果と限界を含めてご説明し、患者さまにご判断いただくよう心がけております。
お手元に検査結果等の資料があればお持ち下さい。

※主治医には話しづらい事などがありましたら、遠慮せずに当クリニックへご相談ください。
※セカンドオピニオンをご利用の際は、問診票にご記入の上、お持ち下さい。

問診票ダウンロード
治療の流れ・期間について